忍者ブログ
四肢障害を持ったてんちゃんの上等な(?)にゃん生
[48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

動物愛護管理法のパブリックコメント、
ありがとうございました

一度にすべてが良い方に変わる事は無いと思います。
小さな命達には、待ったなしの現状ですが、
一つ一つ時間をかけざるを得ないのが実情だと思います。

それでも、たくさんの方たちがパブコメを出してくださった。
そのことで、一つでも多くの規制がかかり、
小さな命が救えるのであれば、
やった甲斐はあるし、続けていく糧にもなると思います。
f0a13bb1.jpeg

今回私は、てんちゃんのことというか、
スコティッシュフォールドの
遺伝病のことを重点に訴えたかった。

みなさん、色々思われることはあると思いますが、
いちばん身近なてんちゃんの体のこと。
それが私にはぴったりきましたので、
KAZUさんのひな型を使わせていただきました。

b0df90ba.jpeg
         ヨーダ似のてんちゃん


てんちゃんは、骨瘤が進んでいます
内臓に関しては、去年の健康診断では異常なしでしたが、
今年はまだしていません。

てんちゃんももう8歳
熟女になっているし、この前の手術の時の事も気になるし、
私の時間も余裕がないので、
健康診断は先送りにしています。
          思うところも色々あって・・・

スコの遺伝病に関して、
大きな大黒柱であるKAZUさんを失って、
これから、どうしよう・・・
って、途方にくれています

ま、私は私なりにてんちゃんのような仔を
増やさないように、
私ができることしていこうね。
        ちょっと後ろ向きかな???



 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
アタシ・・・獣医さんのほかにも東洋医学の先生、自然療法の先生にも診ていただいてるんだけど・・・
やはり猫種によってチィのお病気とかかかりやすいお病気があるんだって・・・
それが猫種によるものもあると思うんだけど・・・やはりブリーディングの問題で・・・っていうのもあって・・・
お友達にゃんこちゃんはIBDの疑いありって・・・で、調べたら年に3回赤ちゃん産んだおかあさんの子だったんだって・・・ペットショップじゃなくて一応ちゃんとしたブリーダーさんらしかったんだけど。
なんかね・・・自然のにゃんこ界でも育児があるからさ・・・そういうのってありえないと思うんだぁ・・・
みんにゃの意見が通ってお金が命に優先するようなことなくなるといいね・・・
Gavi URL 2011/08/31(Wed)19:25:52 編集
無題
私もギリギリ提出しましたよ~!!
ブログ追記にも書いたけどバブは生後1カ月で親から離されてて、小さい頃はすごく弱かったの。
ペットショップもブリーダーも、本当にひどい話がたくさんで・・・少しでも、少しずつでも改善していって欲しいと切に願います。
barai URL 2011/08/31(Wed)22:50:24 編集
無題
こんにちは!
このたびは、レポートとブログをリンク
していただき、ありがとございました。

てんちゃん、かわいいですね。
翼もスコの血が入っており、タケちゃんと
同じブリーダーにいて顛末を見守って
きただけに、とても他人事とは思えません。
ごんはは URL 2011/09/04(Sun)20:57:37 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
お願い!見てっ!

「猫の保護活動について」


2009年度当時、小学6年生だった男の子がKAZUさんとの関わりで家族に迎えた仔猫との生活を通して、小さな命がどんな現状にあるか、レポートしたものです。この男の子にありったけの感謝を贈りたい気持ちでいっぱいになります。ぜひご覧ください。そして、周りの方にも教えてあげてください。

「彩云追月」

「猫の保護活動について」を書いてくださった男の子のお母様のブログです。このレポートを作成するにあたっての母親としての思い、作成後の気持ちなどをつづられました。こちらもぜひご覧ください。娘さんの楽しいマンガもあったりして♪可愛い楽し♪♪

知ってる?

みんにゃはスコティッシュフォールドの危険を知ってる??
 スコは突然変異のスージーという耳が折れた猫が始まり。 突然変異なので、1回の出産で20%~30%くらいしか耳折れの子は生まれないらしい。4にゃん産まれても1にゃんが耳折れで産まれるか産まれないかというくらいの確率。
 突然変異っていうか、骨の形成異常なので、体への負担はリスクが高い。しっぽが短い子は異常が出やすいらしい。でも、大なり小なりのリスクはみんにゃが持たされている。折れ耳でない子にも確率は低くなるが異常は出る。人間が操作して作り出してきたスコ、そしてマンチカン。苦しむのは猫達。
 猫の命の危険と人間のモラルにかかわる大きな問題を、一人でも多くの人に知って欲しい。
1ぽちお願いっ
お友達~~~♪

「純情仔猫物語」


KAZUさんの仔猫保護活動のブログです。小さな小さな命たちに対するひたむきな愛情と真摯な心が伝わってきます。KAZUさんは志半ばで急逝されましたが、彼女の遺志は生き物を愛するすべての人の総意だと思います。できることから一つづつ…頑張っていきましょう。


「HAS 猫 犬 里親募集中」


has.catさんの里親募集のブログだよっ!HASの里親会やバザー情報もありっ。

プロフィール
てん
2003/03/15
折れ耳スコ。折れ耳同士を交配したためか、6か月を過ぎた頃より四肢異常出現。不自由な体でも懸命に生きているてんちゃん。シニアステージに入っても威厳を保ってがんばっている。てんちゃんの体の事、毎日をゆるゆるっと記録していくよ~~。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(05/15)
(05/12)
(05/12)
(05/09)
(05/07)
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]