忍者ブログ
四肢障害を持ったてんちゃんの上等な(?)にゃん生
[27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

KAZUさん、ありがとうございます。
血統書って、普通に家族に迎えるのであれば、
必要のないものですよね。
しかも、キャットクラブによって書き方も違うんですよね。
ウチでは、必要がないから開くこともまずなく、
気にしたことはないのですが、
何が書いてあるか・・・ちんぷんかんぷん・・・orz

あいさん、ありがとうございます。
てんちゃんは、いっぱいご飯食べて、いっぱいお水飲んで、
いっぱいんちして、いっぱいちっこしています・・・
寝てばっかりだけど、一生懸命生きています。
少しでも、快適にしてあげられるといいんだけどね~


今日は、文字がいっぱい・・・
すでに頭が痛い・・・

姉妹ブログでは、ず~~~~いぶん前に
てんちゃんの血統書の話をしたことがある。

その時は、てんちゃんのお名前の話だったんだけど、
今回は、KAZUさんに教えていただいて、
「血統」について見てみた
P3021645.JPG
こんな感じ。
詳しく載せちゃうと、たどれちゃう可能性があるかも・・・
なので、ぼかしてみました

父ちゃんの父ちゃんの父ちゃんと
父ちゃんの母ちゃんの父ちゃんが
チャンピオンで
母ちゃんの父ちゃんの父ちゃんと母ちゃんが
グランドチャンピオン
ってことで、赤字で書いてある。

実の母ちゃんは、登録がされていないので、
猫種がわからないのです。


経過は複雑で、
Aペットショップてんちゃんを買ったあと、
てんちゃんに異常が出る前に、お店が潰れて、
Bペットショップになった。

Aペットショップで店員をしていたCさんは、
Bペットショップでも店員をしていた。

てんちゃんに異常が現れた時は、
Bペットショップになっていたけど、C販売員がいたので、
「まさか、折れ耳同士を掛け合わせたのではないか?」と聞いたら、
どういう経過をたどったかは知らないけれど、
ブリーダーに連絡を入れたらしい。
しばらくして、お店を尋ねたら、
「折れ耳同士を掛け合わせたと言っていた」と言ったのです。

ちょっとややこしいですが、
直接ブリーダーから話を聞いたわけではないので、
確実ではないです。
P2281630.JPG
                                  短いおしっぽ・・・
でも、お尻尾の短さ、耳の折れ具合と、縮れ具合などから、
異常がでるのがほぼ確定している猫だったことは事実です。
当時でも、インターネットで検索して、
「尻尾の太くて短い仔は、四肢異常が出やすい」
「折れ耳同士を掛け合わせることは、同義的に許されない」
「スコを純血種として認めていない国は多い」
とか、いっぱい出てきてた。


折れ耳同士を掛け合わせたのか、の確認をした時には
すでに「生命補償期間」を過ぎていました。
しかも、「補償の対象外」という項目に

  お渡しする時点でわからなかった先天性の病気や奇形

という項目があり、補償の適用はありませんとのこと・・・

P3021650.JPG
                       てんちゃん、おひげが一本、上向いてるし?

なので、Aペットショップも潰れているのし、
「返品はできませんよ」と・・・

「返品」ってあんた・・・

だれが返すかっ!!!
補償期間中だって返してたまるかっ!!!

キャットクラブには入会してるので、
てんちゃんに子どもを産ませれば、
血統書ってつけられるんだよね?

てんちゃんの体で厳しいかもしれないとは思ったけど、
避妊手術はしてるので、
もう無理だけど・・・

でも、それって、何だろう・・・・・・・・・

ウチには、メインクーンのミーもいる
血統書もちゃんとあるし、
キャットクラブの入会申込書もある。
キャッテリーの登録申込書もついてる。
ブリーダーからウチに直で来たんだけど。

う~~~~~ん・・・
チャンピオンとかっていうのもわかんないし・・・
てんちゃんミーの血統書も全く違うものだし・・・
血統書って、難しい・・・



ちなみに、うちの三毛のゆずは、
ペットショップで「ゆずります」ってでてて、
ゆずってもらったので、ゆずです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
お願い!見てっ!

「猫の保護活動について」


2009年度当時、小学6年生だった男の子がKAZUさんとの関わりで家族に迎えた仔猫との生活を通して、小さな命がどんな現状にあるか、レポートしたものです。この男の子にありったけの感謝を贈りたい気持ちでいっぱいになります。ぜひご覧ください。そして、周りの方にも教えてあげてください。

「彩云追月」

「猫の保護活動について」を書いてくださった男の子のお母様のブログです。このレポートを作成するにあたっての母親としての思い、作成後の気持ちなどをつづられました。こちらもぜひご覧ください。娘さんの楽しいマンガもあったりして♪可愛い楽し♪♪

知ってる?

みんにゃはスコティッシュフォールドの危険を知ってる??
 スコは突然変異のスージーという耳が折れた猫が始まり。 突然変異なので、1回の出産で20%~30%くらいしか耳折れの子は生まれないらしい。4にゃん産まれても1にゃんが耳折れで産まれるか産まれないかというくらいの確率。
 突然変異っていうか、骨の形成異常なので、体への負担はリスクが高い。しっぽが短い子は異常が出やすいらしい。でも、大なり小なりのリスクはみんにゃが持たされている。折れ耳でない子にも確率は低くなるが異常は出る。人間が操作して作り出してきたスコ、そしてマンチカン。苦しむのは猫達。
 猫の命の危険と人間のモラルにかかわる大きな問題を、一人でも多くの人に知って欲しい。
1ぽちお願いっ
お友達~~~♪

「純情仔猫物語」


KAZUさんの仔猫保護活動のブログです。小さな小さな命たちに対するひたむきな愛情と真摯な心が伝わってきます。KAZUさんは志半ばで急逝されましたが、彼女の遺志は生き物を愛するすべての人の総意だと思います。できることから一つづつ…頑張っていきましょう。


「HAS 猫 犬 里親募集中」


has.catさんの里親募集のブログだよっ!HASの里親会やバザー情報もありっ。

プロフィール
てん
2003/03/15
折れ耳スコ。折れ耳同士を交配したためか、6か月を過ぎた頃より四肢異常出現。不自由な体でも懸命に生きているてんちゃん。シニアステージに入っても威厳を保ってがんばっている。てんちゃんの体の事、毎日をゆるゆるっと記録していくよ~~。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(05/15)
(05/12)
(05/12)
(05/09)
(05/07)
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]