忍者ブログ
四肢障害を持ったてんちゃんの上等な(?)にゃん生
[28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

P3021650.JPG
前回載せた、この写真
おわかりでしょうか・・・
この顔の丸さ
ま~~~~~~~~~んまるっ!!!
もう、もろにスコですがな
やっぱりドラ○もん・・・

前回の記事で、血統書を載せました
スコティッシュフォールドは、
スコ同士をかけあわせることはタブーです。
アメショやブリショをかけあわせることは、認められています。
P3021645.JPG
             てんちゃんの血統書
アメショやメインクーンなどは同種との掛け合わせが当然ですが、
スコは、折れ耳スコ同士を掛け合わせているかどうかということ。

この血統書で見ると、
父ちゃんの父ちゃんの父ちゃんと母ちゃん
いわゆる   ひいじいちゃん(チャンピオン)とばあちゃんは
同じキャットクラブで同じような登録番号
ということは、スコ同士だということ。

母ちゃんの父ちゃんの父ちゃん母ちゃん
こちらも   ひいじいちゃんとばあちゃんは両方ともグランドチャンピオン
そして、登録番号も頭が同じ

母ちゃんの父ちゃん母ちゃんも
頭が同じ登録番号

                      スコ同士ってこと・・・

太いお尻尾、ふにゃんと折れた耳がさらに反りかえっている。
奇形を産むためのブリードだったようです

P3051670.JPG
必ず左手手は、体の中にかくしています
そして、左あんよ 変形がわかりますか?

お金と引き換えにするものではないけれど、
惚れてしまった仔だから、ウチに迎えたいと思った仔だから
大枚はたいて、「買って」しまったけれど

スコティッシュフォールドは3年連続で、人気猫種ナンバーワン
ブログ村の猫カテゴリーの中でも、
スコティッシュフォールドは、ダントツで登録件数が多いんです。

P9060005.JPG
無茶苦茶可愛いのはわかります

P9060022.JPG
普通の猫とは違う可愛さ。

スコティッシュフォールドを飼われている人や
スコティッシュフォールドが大好きな人、
いつか飼いたいと思っている人たちに

不安をあおっているわけではありません。
脅しているわけでもありません。

少し、立ち止まって考えてほしい。
これから十数年共に暮らす家族となる仔たち

今は異常がなくても、
100%骨瘤やそのほか内臓疾患がでないわけではありません。
「4か月から2年くらいまでの間に発症する」といわれますが、
てんちゃんは生後6か月ごろから発症して、
8歳になる今現在も、骨瘤は進行しています。

骨瘤だけではありません。
数多くのリスクを国ちゃんてんちゃんは背負っています。

何で?
国ちゃんてんちゃんだけ?

ブリーダーが悪質だったから?



今現在、国ちゃんてんちゃんは苦しんでいます。
てんちゃんは7年半苦しんできました。
これからも痛み、苦しんでいきます。
これはてんちゃんが死ぬまで続くんです・・・

お金儲けのためだけに、
小さな体にこんな過酷な猫生を押しつけないでほしい

どんな「命」にも、もっと敬意を払ってほしいと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
てんちゃんかわいい!昔からまんまるだったんだね★

でも、本当にひどいです!
ちゃんとした知識なしに交配させたんでしょうか。。。
命に携わるなら、軽い気持ちじゃだめですよね。。
KAZUさんの記事で、
犬の血統書を許可する元理事・が偽装を認めた現実のあるそうです。

なのに、改善がない今。

ほんとうに、商品としか見てないんでしょうね!
もふさんの言われた
「返品できませんよ」も何考えてるの!?と思いますが、
本当に返品する人がいるみたいです。。。悲しいです。

私の友達のは、交配のせいだと思いますが、心臓が悪く、去勢手術にたえれないといわれ、長生きもできないといわれました。

なんで生まれたんだろう。
生きるためにうまれたのに。

てんちゃん。
もふママの家にきてよかったね。
あい 2011/03/08(Tue)12:22:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< ご立腹です… HOME 血統書 >>
お願い!見てっ!

「猫の保護活動について」


2009年度当時、小学6年生だった男の子がKAZUさんとの関わりで家族に迎えた仔猫との生活を通して、小さな命がどんな現状にあるか、レポートしたものです。この男の子にありったけの感謝を贈りたい気持ちでいっぱいになります。ぜひご覧ください。そして、周りの方にも教えてあげてください。

「彩云追月」

「猫の保護活動について」を書いてくださった男の子のお母様のブログです。このレポートを作成するにあたっての母親としての思い、作成後の気持ちなどをつづられました。こちらもぜひご覧ください。娘さんの楽しいマンガもあったりして♪可愛い楽し♪♪

知ってる?

みんにゃはスコティッシュフォールドの危険を知ってる??
 スコは突然変異のスージーという耳が折れた猫が始まり。 突然変異なので、1回の出産で20%~30%くらいしか耳折れの子は生まれないらしい。4にゃん産まれても1にゃんが耳折れで産まれるか産まれないかというくらいの確率。
 突然変異っていうか、骨の形成異常なので、体への負担はリスクが高い。しっぽが短い子は異常が出やすいらしい。でも、大なり小なりのリスクはみんにゃが持たされている。折れ耳でない子にも確率は低くなるが異常は出る。人間が操作して作り出してきたスコ、そしてマンチカン。苦しむのは猫達。
 猫の命の危険と人間のモラルにかかわる大きな問題を、一人でも多くの人に知って欲しい。
1ぽちお願いっ
お友達~~~♪

「純情仔猫物語」


KAZUさんの仔猫保護活動のブログです。小さな小さな命たちに対するひたむきな愛情と真摯な心が伝わってきます。KAZUさんは志半ばで急逝されましたが、彼女の遺志は生き物を愛するすべての人の総意だと思います。できることから一つづつ…頑張っていきましょう。


「HAS 猫 犬 里親募集中」


has.catさんの里親募集のブログだよっ!HASの里親会やバザー情報もありっ。

プロフィール
てん
2003/03/15
折れ耳スコ。折れ耳同士を交配したためか、6か月を過ぎた頃より四肢異常出現。不自由な体でも懸命に生きているてんちゃん。シニアステージに入っても威厳を保ってがんばっている。てんちゃんの体の事、毎日をゆるゆるっと記録していくよ~~。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(05/15)
(05/12)
(05/12)
(05/09)
(05/07)
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]