忍者ブログ
四肢障害を持ったてんちゃんの上等な(?)にゃん生
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あいさん、ありがとうっ
私一人がクヨクヨ考え込んで落ち込んでいたって、
時間しかすぎていかないんだよね。
震災や原発事故が起きる前は、違うところで、
数え切れないほどの命が人間の手で消されているんだから

仕事で、会員さんにどうやって元気になってもらおうかなって
考えてたら、
まず、自分が元気にならないと、
人を元気にすることなんてできないことに気付いたよ

なかなか自分が浮上するのは容易ではないけれど、
できることをがんばろうね~って思ってるよ
あいさん、ありがとっ



てんちゃんはアンダーコートびっちりの
寒さには絶対強いはずの猫・・・のはずなんだけど、

冬はいつも冬眠するように、動きがほとんどなくなる・・・
今年は特に動かなかったなぁ
でも、暖かくなると、冬眠から覚めるように
動きが出てきて、
あっちこっちで落ちてたり、光合成をしたりするんだけど、

今年はまだしない

ちょっと骨瘤が進んでいるようなので、
余計だな・・・

でもね、というか、だから・・・かな?

P4111986.JPG
最近はこんな格好でおくつろぎ

そして、こんな恰好のまま


P4211991.JPG
水を飲みます・・・orz

どんだけ、動きたくないのっ



えいっ!そんなぐうたらさんには、おしおきよっ!!!
P4221996.JPG
お水を飲もうと踏ん張るあんよとおしっぽの特別公開じゃっ!

あら可愛っ



先月8歳の誕生日を迎えたてんちゃん
骨瘤が進んでしまっているので、
2センチの段差が通れません

このベットから出るのにも一苦労しています。
なので、あまり動かなくてもいいように、
ベットのまわりにお水とご飯とトイレを置いてあげたら、
思いっきり、キッチンマットの上でおしっこしてくれました
ご飯も時間になると、いままでのお食事処に来てスタンバッテます

ま、とりあえず、動く気はあるみたいなので、
動けるうちは動いてもらいましょうね

耳垢もヘドロのように、
目汁も滝のように、
鼻づまりも壊れた笛のように絶好調なてんちゃん

いつか歩けなくなる日が来るのかな・・・




ネットサーフィンしてるとき、スコの親子が保護されたってあった。
しかもみんにゃ折れ耳だし・・・
なんで、なんで??
骨瘤がでてきたのかな?
それが心配で面倒見たくなくて捨てたのかな・・・
ブリーダーが廃業したのかな?

本当にお願いだから、てんちゃん国ちゃんのような子をもうつくらないで、
早く辞めて、早くっ!
お願いっ

先日亡くなられたスーちゃん(田中好子さん)
「命の尊さ」を長年訴えられてきた

原発事故で置き去りにせざるをえなかった子達
殺処分される家畜
「命」って何だろう・・・


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
この前、大阪のペットショップ行きました。やっぱりスコとアメショが多かったです。

かわいいけど。。。
と思います。

1匹大人になっていて、値段が安いこの足見ましたが、他の猫種より明らかに足が太い、、、、、
もふさんが
「てんちゃんは来た頃、少し足が大きかったように」と言っていたのが分かりました。

この子はどうなるんだろう。。。
値下げして、顔あんまりかわいくないし。。。←ヲイwww

捨てられた子をどうするかも心配ですが、
ペットショップの売れ残りちゃんたちもすごい心配なります。。。

ここでも「命」について考えさせられます。

ペットはどうしても「売買」されます。
私のトコは、ペットショップに張り紙していた子と、親の知り合いが子供生まれたーともらった子なんでタダですが。
でもやり取りだなぁと思います。

スコの子供。22万でした。
良い金なるだろうさ・・・
でもなんて軽々しく命を扱うんだろう。人間は。
命を軽く扱っていいのは、ぎり、まだ学習たりない子供が虫殺しちゃうくらいだろう!!
と思います。

ブリーダーの人って、子供の時に動物飼わなかったんですかね。。。。
飼ってたら商品になんてしない大人になれたのかな。。。。

原発の立ち入りが制限され、牛とかは殺処分が決まり、
犬猫は保護しますってどこまでしてくれるんだろう。。。

「国」としては「人」の命が1番。。。
「人」として他の命を考えてほしいですね
あい 2011/05/06(Fri)12:44:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< 腫瘍? HOME お願いです。 >>
お願い!見てっ!

「猫の保護活動について」


2009年度当時、小学6年生だった男の子がKAZUさんとの関わりで家族に迎えた仔猫との生活を通して、小さな命がどんな現状にあるか、レポートしたものです。この男の子にありったけの感謝を贈りたい気持ちでいっぱいになります。ぜひご覧ください。そして、周りの方にも教えてあげてください。

「彩云追月」

「猫の保護活動について」を書いてくださった男の子のお母様のブログです。このレポートを作成するにあたっての母親としての思い、作成後の気持ちなどをつづられました。こちらもぜひご覧ください。娘さんの楽しいマンガもあったりして♪可愛い楽し♪♪

知ってる?

みんにゃはスコティッシュフォールドの危険を知ってる??
 スコは突然変異のスージーという耳が折れた猫が始まり。 突然変異なので、1回の出産で20%~30%くらいしか耳折れの子は生まれないらしい。4にゃん産まれても1にゃんが耳折れで産まれるか産まれないかというくらいの確率。
 突然変異っていうか、骨の形成異常なので、体への負担はリスクが高い。しっぽが短い子は異常が出やすいらしい。でも、大なり小なりのリスクはみんにゃが持たされている。折れ耳でない子にも確率は低くなるが異常は出る。人間が操作して作り出してきたスコ、そしてマンチカン。苦しむのは猫達。
 猫の命の危険と人間のモラルにかかわる大きな問題を、一人でも多くの人に知って欲しい。
1ぽちお願いっ
お友達~~~♪

「純情仔猫物語」


KAZUさんの仔猫保護活動のブログです。小さな小さな命たちに対するひたむきな愛情と真摯な心が伝わってきます。KAZUさんは志半ばで急逝されましたが、彼女の遺志は生き物を愛するすべての人の総意だと思います。できることから一つづつ…頑張っていきましょう。


「HAS 猫 犬 里親募集中」


has.catさんの里親募集のブログだよっ!HASの里親会やバザー情報もありっ。

プロフィール
てん
2003/03/15
折れ耳スコ。折れ耳同士を交配したためか、6か月を過ぎた頃より四肢異常出現。不自由な体でも懸命に生きているてんちゃん。シニアステージに入っても威厳を保ってがんばっている。てんちゃんの体の事、毎日をゆるゆるっと記録していくよ~~。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(05/15)
(05/12)
(05/12)
(05/09)
(05/07)
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]