忍者ブログ
四肢障害を持ったてんちゃんの上等な(?)にゃん生
[41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しおんママ、ありがと
手術の時に血液検査もしたけど、
数値に異常はなかったので、
ちょっと安心してる。
まだ結果は来週になるけどね。

あいさん、ありがと
ちょっと危なかったけど、無事手術も終わって、
いつものてんちゃんに戻りましたよ~~


更新が遅くなってしまいました

8日の日曜日朝、てんちゃんを病院に連れて行きました

夕方迎えに行ったんだけど、

「麻酔が覚める時に、呼吸用の挿管を抜いたら、

呼吸ができなくなって、あせった」って先生が…
P5092037.JPG
                 目頭に糸が・・・

迎えに行った時は、酸素室にはいってたてんちゃん

まだ、完全に麻酔から覚めてはいなかったんだけど、

もふの声を聞いて、もふってわかったみたいで

もぞもぞと動き出しました。

先生も「お母さんって分かったみたいだね~」って

P5092039.JPG
           顔の毛刈りをされて、変な生き物に・・・

犬のシーズーとかお鼻のつぶれたわんこは

舌がのどに落ち込んで、息ができなくなることがあるらしいんだけど、

それと同じような感じだったようで、

舌をひっぱったりいろいろしてなんとか呼吸ができるようになったんだって

P5092043.JPG
          手術の時についでに、耳掃除もしてもらいました
                 だから、ちょっとお耳の前も毛刈りのあとが・・・

点滴を抜くときに、また大暴れ・・・

って言っても、フーシャー言う訳ではなく、咬むわけでもなく

鼻息荒くして、体をよじったり、ねじったり、

まったくじっとしていないのです・・・

声をかけられながら、管をぬいてもらって、帰ってきました

P5092042.JPG
切り取った腫瘍は、検査にまわっています

来週火曜日(17日)に抜糸の予定で、

その時に検査の結果を教えていただけますので、

ちょっとドキドキする一週間です。


でも、血液検査を一緒にしてもらったのですが、

その数値に異常はなかったので、

わかりませんが、良性の腫瘍だろうと思っています。

てんちゃんは、ここ数日、食欲もあり(他の子のお残しも食べてます

暖かくなってきたせいもあって、

ベット以外のあちこちで落ちてます

でも、元気な証拠ってことで


ただ今回、麻酔で危ない橋を渡っちゃったので、

次に何かあって麻酔をしなくてはいけなくなった時が、

とっても怖いなぁ・・・

シニアステージにも突入しちゃって、

熟女に磨きがかかってきたからなぁ

ま、一日でも多く、

てんちゃんてんちゃんらしくありますように


たくさんの方がご訪問してくださって、ありがとうございます
手術するよ~って言って、
そのあとの報告が遅くなって、ご心配おかけしました。
まだ、結果はわかりませんが、
きっと良性だと信じていますから
絶対大丈夫、大丈夫、大丈夫ですよっ!!!


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
無事に帰ってきてよかったーー!
毛刈りされちゃって‥いい女が台無しじゃ。
血液検査も異常なしでよかったあ。
腫瘍もきっと良性だから大丈夫!
私はそう信じてるよ~!
しおんママ URL 2011/05/12(Thu)00:26:25 編集
無題
てんちゃんに何があったのか
も~びっくりしてしまいました><;
検査結果、聞くの怖いですよね・・・
どうかどうか良性でありますよね!!

全身麻酔は、去年秀吉、歯石とりでしたけど本当に体に負担がかかるみたいで
見ていて辛かったです・・・
てんちゃん、手術頑張ったんだね!!
お利口です!!!
maik 2011/05/13(Fri)15:29:38 編集
無題
震災関係のボランティアに奔走していました。

久しぶりに来てみたら・・・
びっくりしました!
てんちゃん手術したんですね・・・
なんでこんな痛い目にあわなくてはいけないのか・・・
ブリーダー達の身勝手さに怒りがこみ上げます。

うちにいる純血種(放棄猫)も後ろ足に少し障害、歯肉に肉腫です。
まだ1歳にもならないのに・・・
獣医さんと、相談しながらレーザーでカットする予定です。
has.cat URL 2011/05/17(Tue)09:25:45 編集
無題
てんちゃんがてんちゃんらしく☆ほんまですね。それが1番♪

やっぱりシニアステージは少しこわいですね。。。
うちのは健康ですが水とか腎臓値が心配です。でもてんちゃんの場合、他のこともあるし。。。
もう手術はせんほうがよさげですね。
てんちゃん!!
頑張ろう☆

うん♪ごはんいっぱいいいことだ♪
次は夏バテ要注意ですねwww
あい 2011/05/17(Tue)12:29:24 編集
はじめまして
こんばんは。
偶然にこちらにたどり着きました。

てんちゃん、無事手術が終わって良かったです。

うちにスコの遺伝性疾患の子がいます。
1匹はスコですが、もう1匹はスコMixです。

私もスコの繁殖には、反対です。
毎日、痛みのある足を引きずっている姿、見てて辛いです。
~purasu~ URL 2011/05/19(Thu)20:22:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
お願い!見てっ!

「猫の保護活動について」


2009年度当時、小学6年生だった男の子がKAZUさんとの関わりで家族に迎えた仔猫との生活を通して、小さな命がどんな現状にあるか、レポートしたものです。この男の子にありったけの感謝を贈りたい気持ちでいっぱいになります。ぜひご覧ください。そして、周りの方にも教えてあげてください。

「彩云追月」

「猫の保護活動について」を書いてくださった男の子のお母様のブログです。このレポートを作成するにあたっての母親としての思い、作成後の気持ちなどをつづられました。こちらもぜひご覧ください。娘さんの楽しいマンガもあったりして♪可愛い楽し♪♪

知ってる?

みんにゃはスコティッシュフォールドの危険を知ってる??
 スコは突然変異のスージーという耳が折れた猫が始まり。 突然変異なので、1回の出産で20%~30%くらいしか耳折れの子は生まれないらしい。4にゃん産まれても1にゃんが耳折れで産まれるか産まれないかというくらいの確率。
 突然変異っていうか、骨の形成異常なので、体への負担はリスクが高い。しっぽが短い子は異常が出やすいらしい。でも、大なり小なりのリスクはみんにゃが持たされている。折れ耳でない子にも確率は低くなるが異常は出る。人間が操作して作り出してきたスコ、そしてマンチカン。苦しむのは猫達。
 猫の命の危険と人間のモラルにかかわる大きな問題を、一人でも多くの人に知って欲しい。
1ぽちお願いっ
お友達~~~♪

「純情仔猫物語」


KAZUさんの仔猫保護活動のブログです。小さな小さな命たちに対するひたむきな愛情と真摯な心が伝わってきます。KAZUさんは志半ばで急逝されましたが、彼女の遺志は生き物を愛するすべての人の総意だと思います。できることから一つづつ…頑張っていきましょう。


「HAS 猫 犬 里親募集中」


has.catさんの里親募集のブログだよっ!HASの里親会やバザー情報もありっ。

プロフィール
てん
2003/03/15
折れ耳スコ。折れ耳同士を交配したためか、6か月を過ぎた頃より四肢異常出現。不自由な体でも懸命に生きているてんちゃん。シニアステージに入っても威厳を保ってがんばっている。てんちゃんの体の事、毎日をゆるゆるっと記録していくよ~~。
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
(05/15)
(05/12)
(05/12)
(05/09)
(05/07)
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]